ITシステム

計算による業務をぐっと短縮するシステム|会社の業績グッド上がる

倒産を回避しよう

カラーの書類とペン

それらを利用する方法

今、日本は、45分に1社の割合で倒産していると言われています。会社が倒産してしまうことに対して、事前に予測するこたが倒産予測です。事前に各会社の状況をデーターでわかりやすく倒産予測を行っているのが帝国データバンクです。倒産予測のデーターを利用するためには、まず、帝国データバンクと倒産予測に関する契約を行わなければなりません。データー入手、内容については、様々なコースがあり、そのコースによって、料金も異なってきます。契約は、1年単位の契約となり、契約を結んでいる期間では、様々なレポートや取引先の倒産予測などを月単位で知ることができるのです。帝国データバンクか取引先の会社の状況を全て調べてくれるのです。

人気の理由についての説明

倒産予測のデーターを入手することは、仕事をする上で、経営を管理する上では必要です。人気の理由として、倒産予測は、与信管理として倒産予測のデーターを使うことができるからです。仮に倒産する確率が高い会社と取引をしている場合、取引を見直すきっかけにもなります。また、倒産してからだと代金の回収など難しいために、倒産予測があると倒産する前に何か手立てができないか検討もで、代金の回収ができないなどのリスク回避ができるのです。また、新規取引先開拓の時に、その会社と契約しても良いのかどうかを判断することもできるのでとても人気となっています企業間取引のためには、倒産予測のデーターを活用することは、安定した経営を行うためには必要なため人気となっているのです。