ITシステム

計算による業務をぐっと短縮するシステム|会社の業績グッド上がる

不正を防止

ノートのキーボードと手

ウェブ上の勤怠管理も注目されてます

今までは、紙に書いた物を人事が集計を掛けて手計算していました。 今でもそういう会社も多いと思います。 それが少し進化してタイムカードによる管理が始まり、タイムレコーダーという機械によるタイム管理が出てきました。 このタイムカードによる勤怠管理システムは、かなり浸透しており今でも使っている大手の会社も多いです。 そこから更に勤怠管理システムは進化しており、ネットでの勤怠管理システムが主流になりつつあります。 実際にパソコンを使った物が出来ており、ICカードをかざすだけで、パソコンに取り込めるようになるとか、指紋認証によりパソコン管理が出来るなど進化はどんどん止まりません。 今後パソコン上の勤怠管理システムはクラウド型となりリアルタイムな管理が出来てきていますので、更なる進化はどうなるのかが楽しみです。

セキュリティーの大切さがわかります

いつの時代にも不正は多い物で、紙の時にも代筆を頼み不正をするとかタイムカードを他人に押してもらうとかですが勤怠管理システムの進化と共にどんどんセキュリティー面も改善されており、今ではほとんど不正は出来ない状態となっています。 ネット上での管理はセキュリティーも難し中で万全の努力がうかがえます。 クラウド型による管理などは、スマホやタブレットでもアクセス出来る代わりにエリア情報などを通知する事で不正を防いだり、ある一定のWIFIの状態じゃないとアクセス出来ないなど色々と考えられてきました。 開発費がどんどんかさんでいるはずなのに、この勤怠管理システムはどんどんコストも下がっています。 今では、ネットで使った分だけの請求など破格の価格での管理会社の争いも起こっています。